email_iconFacebook_iconrequest_quote_iconlinkedIn_iconsearch_iconTwitter_iconYoutube_icon

歯磨き粉の製造

歯磨き粉は通常、白い磨きペーストか透明のジェル状です。配合は異なりますが、原材料はおおよそ共通しています。材料は各国における規定に応じて多少異なる場合があります。

プロセス

一般的な材料は下の表のとおりです:

 

製品タイプや原材料によって製造工程が異なります。 一般的な工程は次の通りです:

  • 最初にベース液を調整する ‐ 水、ソルビトール/グリセリンや他の液体材料
  • レオロジー調整剤をグリセリンや香味油などの非水相液に予備混合、あるいは分散しやすくするために他の粉体材料と乾式混合する
  • 有効成分、甘味料、保存料を加えて分散させる
  • スラリー状の、あるいは水に予備混合された研磨剤と充填剤を加える
  • 香味料と着色料を加える
  • 最後に、泡立たないようにゆっくりと撹拌しながら洗浄剤を加える。最終段階で水分量を加えないようにするため、一般的に洗浄剤は固形状

課題

歯磨き粉の製造では空気の混入は大きな問題となります。すべての粉体はある程度の空気を含んでおり、洗浄剤の添加によって状況を悪化させることがあります。そのため通常バキュームしながら混合します。さらに次のような課題も生じます:

  • レオロジー調整剤は凝集しやすく、撹拌では凝集分解できないが、他の液体/粉体材料との予備混 合は工程時間とコストの増大につながる
  • レオロジー調整剤によっては機能させるために高剪断をかける必要がある
  • ケイ酸などの比重の低い材料は液中に取り込むのが非常に難しい
  • 一般的なアジテーターは、特に粉体を混ぜるときなどに空気の混入を引き起こす
  • 炭酸カルシウムなどの研磨剤は一般的にスラリー状のため、凝集分解をする必要がある

ソリューション

ジェル状歯磨き粉はシルバーソン ハイシアミキサーで製造することができます。白色歯磨きペーストは粘度が高く、研磨性があるため、ローター/ステーターの高速回転による処理が最適ではない工程もありますが、下記の工程や作業において特にその性能を発揮します:

  • 充填剤や研磨剤を加える前のベース液の調製
  • 洗浄剤、特にスラリー状の炭酸カルシウムや増粘剤を添加する前の混合液の凝集分解
  • 包装前の最終製品の仕上げ精製作業この作業には容積型ポンプと組み合わせた特別設計のインライン型ミキサーを使用

 

作業には特にインライン型ミキサーが適しています。次の動作原理で処理します:

Stage 1

ローターの高速回転によって強力な吸引が生まれ、液体と固形分がローター/ステーターアセンブリに引き込まれ ます。

Stage 2

遠心力によって材料がワークヘッドの外周に向かって押し出され、ローターとステーターの間のクリアランスで 粉砕作用がかけられます。

Stage 3

ステーターを通して材料が押し出され、同時に新しい材料が引き込まれます。材料の連続的な引き込みと放出によって凝集分解され、すばやく分散/溶解されます。

  • Stage 1

    Stage 1

    ローターの高速回転によって強力な吸引が生まれ、液体と固形分がローター/ステーターアセンブリに引き込まれ ます。

  • Stage 2

    遠心力によって材料がワークヘッドの外周に向かって押し出され、ローターとステーターの間のクリアランスで 粉砕作用がかけられます。

  • Stage 3

    ステーターを通して材料が押し出され、同時に新しい材料が引き込まれます。材料の連続的な引き込みと放出によって凝集分解され、すばやく分散/溶解されます。


メリット

  • 工程時間を劇的に短縮
  • 粉体をすばやく液中に取り込んで混合できる
  • 製品の品質、均一性、安定性を大幅に向上
  • 空気の混入を最低限に抑える; バキューム処理に対応したユニットあり

インライン型 ハイシアミキサー

  • 大きな処理量に最適
  • 空気の混入がない
  • 既存の設備への取り付けが容易
  • セルフポンプ効果
  • タンクの内容物の移送が可能
  • マルチステージユニットあり
  • 高サニタリーモデルあり
  • 高粘度処理に対応したモデルあり
製品情報へ移動

Related videos

 
酸化チタンの分散方法
 
高界面活性剤の希釈‐ラウレス硫酸ナトリウムの希釈方法
ご質問? 技術員に質問
お問い合わせ 072-734-8003