email_iconFacebook_iconrequest_quote_iconlinkedIn_iconsearch_iconTwitter_iconYoutube_icon

繊維製造におけるポリマー・顔料の分散

とある繊維メーカーが繊維の第2ラインの紡績が必要な製品の増産をするため、品質を損なうことなく顔料とポリマーペーストの生産量を増やす方法を研究しました。

プロセス

既存のプロセスの要約:

課題

  • 振動ミルは遅くエネルギー集約のプロセスで、メンテナンスコストが高い 
  • 既存のプロセスの処理能力は非常に低く、増産に対応できない
  • 既存のプロセスを補うために、小さなビーズミルが試験的に使用された
    試験ではビーズミルは振動ミルの前や後などさまざまなステージで使用されたが、非常に大きく高額なビーズミルでなければメリットがないことが実証された

ソリューション

シルバーソンインライン型ミキサーで現場試験がなされました。ペーストの製造には強力な機械的なエネルギーが必要なため、マルチステージ インライン型ミキサーが使用されました。ワ―クヘッドには2つの独立したステーターに相対した2組の同軸ブレードが装備されています。これによって非常に強力な剪断が生まれ、混合時間が大幅に短縮されました。試験においてはミルの前と後、また別個の循環システムにインラインミキサーを取り付けることも含め、 さまざまな方法が検証されました。振動ミルをすべて省いてインラインミキサーのみで2週間運転し、満足のいく結果が得られました。振動ミルが併用された場合、インラインミキサーによって安定した予備混合が実現でき、振動の工程を短縮し、処理量を倍増させることに成功しましした。マルチステージユニットによって見事に生産量の倍増が可能となりました。

その後、マルチステージユニットが製造ラインに導入されました。


メリット

  • 工程時間の大幅短縮
  • 既存のプロセスへの組み込みが容易
  • ワークヘッドの高剪断をバイパスすることなく確実に処理
  • インラインミキサーは大量の液を一度に処理するのではなく、ワークヘッド内の少量の材料に常に作業効率を集約し、よりエネルギー効率の良い工程処理をする

インライン型ハイシアミキサー

  • 大きな処理量に最適
  • 空気の混入がない
  • 既存の設備への取り付けが容易
  • セルフポンプ効果
  • タンクの内容物の移送が可能
  • 高サニタリーモデルあり
  • マルチステージユニットあり
製品情報へ移動

Related videos

 
インライン
 
アジテーター
ご質問? 技術員に質問
お問い合わせ 072-734-8003