email_iconFacebook_iconrequest_quote_iconlinkedIn_iconsearch_iconTwitter_iconYoutube_icon
技術員に質問 見積依頼
応用例

ゼラチン溶液の調製

ゼラチンはコラーゲンに由来するタンパク質製品です。ゼラチンは無色、無味、無臭のゲル化剤で多くの用途で使用されています。

食品では、ゼリーを用いた菓子、食肉加工製品、乳製品、デザートなどに使用されています。低脂肪製品に使用するとで、脂肪を取り除くことで失われるテクスチャーや食感を置き換えることができます。 飲料では、ゼラチンはビールやワインの清澄剤としても応用することができ、また、スムージーに添加して食感を高める目的で使用される場合があります。

また、医薬品の錠剤やカプセル、栄養補助食品(サプリメント)、フェイスマスクなどの化粧品、さまざまな種類の工業用フィルム、コーティング剤、接着剤など、多岐にわたり使用されています。

プロセス

ゼラチンには多くの種類がありますが、一般的な分散プロセスは次のとおりです:

  • ゼラチンは通常、粉末または顆粒の形で供給されますが、シート状またはリーフ状も利用可能であり、通常、小規模のキッチンやベーカリーで使用されています。
  • ゼラチンは冷水には少し溶解し、濡れると膨潤して水和し始めます。従来の攪拌機では、凝集塊の形成を避けるために、粉末を液体の表面に注意深く、少しずつ投入する必要があります。
  • ゼラチンは、砂糖などの他の粉末状成分と事前に混合するする場合があります。これは、粒子を分離させることによって凝集塊の形成を防ぎ分散しやすくするためです。
  • 溶解を完了させるための加熱をする前に、溶液を水和させて塊を壊すために、しばらく攪拌する必要があります。
  • 可溶化温度はゼラチンの種類とグレードによって異なりますが、通常は35〜45°C程度です。

課題

従来の攪拌機を使用したゼラチンの分散は、いくつかの問題を引き起こす可能性があります:

  • ゼラチンの水和は時間がかかる難しい工程になる場合があります。特に高濃度では水に加えたときに塊を生じやすいためです。処理が遅く、溶解が難しい場合があります。粉体の投入方法を間違うとより状況が悪化してしまう可能性があります。
  • 従来型のアジテーターではせん断力が弱く凝集塊をしっかりと分散することができず、そのため混合時間が長くなり、歩留まりが低い。歩留まりを高めるために必要以上のガムを使用することになり、原料コストの上昇につながる。
  • 粘度が上がるにつれ、溶液の撹拌や粉体の分散がますます困難になる。
  • 完全に分散、溶解するのに長時間かかる。
  • 適切に分散されていない冷溶性ゼラチンは、保管またはその後の処理中に徐々に水和し、製品の粘度に望ましくない変化をもたらします。

解決方法

シルバーソン 高速ハイシアミキサーなら工程時間を劇的に短縮します。動作原理は下記:

Stage 1

容器に基礎液を入れ、ミキサーを始動する。ゼラチンは容器に直接加えることができる。

Stage 2

ローターの高速回転により、強力な吸引力が発生し、粉末と液体がワークヘッドに上向きに引き込まれ、ローターとステーターの間の隙間で激しく混合されます。

Stage 3

次に、混合物はステーターの開口部から押し出され、周囲の混合物に戻されます。これにより、容器内での混合の循環パターンが形成され、粉末が完全に分散および水和されることが保証されます。

  • Stage 1

    Stage 1

    容器に基礎液を入れ、ミキサーを始動する。ゼラチンは容器に直接加えることができる。

  • Stage 2

    ローターの高速回転により、強力な吸引力が発生し、粉末と液体がワークヘッドに上向きに引き込まれ、ローターとステーターの間の隙間で激しく混合されます。

  • Stage 3

    次に、混合物はステーターの開口部から押し出され、周囲の混合物に戻されます。これにより、容器内での混合の循環パターンが形成され、粉末が完全に分散および水和されることが保証されます。


メリット

このアプリケーションでのSilversonミキサーの使用には、多くの利点があります:

  • 粉ダマや凝集のない混合液。
  • ゼラチンは容器に直接加えることができ、オペレーターのミスを最小限にします。
  • 収量/機能性を最大化することで、ゼラチン含有量を減らして製品を処方できるため、原材料コストを削減することができます。
  • 安定した品質と高い再現性。
  • 混合時間の短縮。
  • 最終製品の粘度が安定する。

 

処理量、配合、材料の種類、最終製品の粘度に応じて各工程条件に最も適したSILVERSONミキサーを選定します:

試験室用ミキサー

  • 小規模のバッチおよびR&D作業に最適
  • 最大12リットルのバッチサイズに適しています
  • 生産モデルと同じ精度で製作されたワークヘッドが、簡単かつ正確なスケールアップ手段を提供します
  • 交換可能なワークヘッドにより、さまざまな用途に適合させることができます

Silversonパイロットスケールミキサー

  • 試験室用ミキサーと同様の精度にて設計されたワークヘッド
  • 粘度にもよりますが、50リットルまでのバッチに適しています
このミキサーの詳細

バッチ型ハイシアーミキサー

  • 1,000リットル程度までのバッチに対応
  • 移動式スタンドが利用可能
  • タンクから別タンクへの移動が容易
このミキサーの詳細

ウルトラミックス

  • 強力な攪拌力
  • 大量の粉体をすばやく投入・混合することが可能
  • 高粘度液の処理に最適
このミキサーの詳細

フラッシュミックス

  • 大きな処理量に対応
  • 大量の粉体をすばやく投入・混合することが可能
  • 空気の混入が少ない
  • 洗浄が容易
  • 安定した粉体吸引工程の実現
  • 操作が簡単
  • 高粘度液の処理に対応
このミキサーの詳細

関連動画

 
ガム、増粘剤の分散
 
菓子材料の再生方法
 
バッチミキサー
ご質問? 技術員に質問
お問い合わせ 072-734-8003