スケールアップ

生産拡大のニーズ

SILVERSON は70年以上にわたる現場経験から、お客様が指向される 生産量拡大のニーズにどのように対応してゆくかを学んで来ました。それが何であれ、小から大への変更は その決定までに、常に困難な課題が待ち受けています。スケールアップに際してより科学的な裏付けに基づいたリサーチを要求されることがますます増えています。

スケールアップを成功裏に導くためには、キーとなる一応の理論や処方箋がありますが、高剪断ミキサーによる撹拌は非常に複雑な要素が絡み合うものなので、単純な方程式だけで最適なミキサーの選定が出来るわけではありません。すなわちローターの先端速度、バッチ容量、溶液の 性状、粘度などが複雑に関係しあいます。SILVERSON は今までこの分野での世界的なアカデミック研究プロジェクトのパートナーとしても関わってきており、こうした面からの 理論的なバックアップとSILVERSON の70年にわたる現場経験が相まってお客様個々のテーマを確実に成功に導くお手伝いをすることが出来るのです。

お客様でありSILVERSON 自身にとっても、これを成功に導くキーとは 生産スケールの前に行う試験室ユニットの結果を直接結びつけられるということにあります。我々の経験によれば、試験室で25000rpmという高速のミキサーによる結果を得ても、それを直接生産スケールに当てはめるのは不可能なのです、ですからSILVERSONの試験室ミキサーはその結果が生産機によるものと近似値になるように考えられたデザインになっているのです。

もし、スケールアップの課題やテストのご希望がある場合には我々にお問い合わせください。

お問い合わせ






送信